夜が明けると思いだせない森のこと

水張りした白い画面にその日はじめて色を落とすと、しばらく興奮のせいかふわあ〜っと目ににじむものがあって素直なからだの反応に、ああ、わたしは今よろこんでいるんだなあ?と実感する

Read More

100万回めが巡ってくるまでってこと?

佐野洋子『そうはいかない』が最新刊!て帯で積んであって、なんとなく、じんーときたので購入した。じんときた理由はたぶんふたつあって、佐野洋子がいまぴかぴかの最新刊として書店にならんでいるという点と、死んでしまった先生のことを思い出してしまうから。

Read More